×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日経225先物(mini)研究所
g日経225先物(mini)研究所


日経225先物(mini)とは?

日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引です。

日経平均株価とは、日本の株式市場を代表する指数です。

「ダウ式平均」によって算出する指数で225銘柄の株価の平均値ですが、 株式分割や銘柄入れ替えなどに対応させており連続性のある指数となっています。

この指数の値段の変動を利用した取引です。

基本的には反対売買による決済で取引を終了させます。

また証拠金取引といい日経平均株価の総代金を売買時に支払う必要は無く1枚あたりの 証拠金を預けることにより売買が可能です。

現株取引と違い値段が下がることによる利益(売り)をとることも可能です。

立会時間  
前場…午前9時から11時 後場…午後12時半から3時10分

取引単位 
1000倍

限月取引  
3月,6月,9月,12月の隔月の第二金曜日が満期日 各限月は上場した日から約1年3ヶ月存在

呼値    
10円単位

値幅制限  
日経平均株価の水準により、制限値幅は異なる。 例えば日経平均株価16,000円のときで上下3,000円である。


Copyright (C) 2007 n225.ninpou


TOPページへもどる